次回談話会のお知らせ

第904回談話会(2019年5月12日)(2019年4月24日更新)

民俗学関係修士論文発表会

開催日時:2019年5月12日(日) 13:30〜16:35
開催会場:國學院大學渋谷キャンパス 3号館3階3307・3308教室(※前回・卒論発表会と会場が異なります)
(JRほか「渋谷」駅下車、徒歩約13分)
プログラム(各発表30分・質疑応答10分):
A会場(3307教室)
13:30-14:10 「豚頭供物に見る中国農村の民俗信仰―中国河北省邯鄲市 唐荘村を中心に」
王海翠(神奈川大学歴史民俗資料学研究科)
14:15-14:55 「剪紙におけるアート・ワールドの誕生とその変容」
オ夢茜(東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻)
15:10-15:50 「七夕の人形飾りについての研究」
柴田千賀子(國學院大學文学研究科)
15:55-16:35 「民俗芸能の伝承における新たな担い手と記録映像 ―奈良県五條市篠原踊りを事例に―」
荒木真歩(神戸大学大学院国際文化学研究科)
B会場(3308教室)
13:30-14:10 「戦後農村における生業の展開と人びとの生き方 ―岩手県紫波郡紫波町片寄漆立で考える『はたらく』とは何か―」
真柄侑(東北学院大学大学院文学研究科)
14:15-14:55 「家業として継承される農業 ―木本作物生産の可能性―」
町田歩未(成城大学文学研究科)
15:10-15:50 「語られる人生史研究の日独比較」
西崎博道(東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻)
15:55-16:35 「天台宗玄清法流の宗教活動に関する民俗学的研究 ―『盲僧の歴史』の再編と実践をめぐって―」
横田慶一(筑波大学人文社会科学研究科)
問い合わせ先:
日本民俗学会事務局
TEL: 03-5815-2265

既に終了した談話会の開催記録はこちら