次回談話会のお知らせ

第897回談話会(2018年3月11日)(2018年1月4日掲載 / 2018年2月15日追記)

民俗学関係卒業論文発表会

日時:2018年3月11日(日) 13:30〜17:00
会場:神奈川大学横浜キャンパス 3号館205・206教室(※昨年度と会場が異なります)
プログラム(各発表20分・質疑応答5分):
A会場=205教室
13:30〜13:55 椎名美沙希(國學院大学)「安房白浜のアマについて」
14:00〜14:25 爲数美智(関西学院大学)「神社と工芸 ―筥崎宮と博多曲物―」
14:30〜14:55 郡司瑞穂(成城大学)「関東地方に見る藁蛇の民俗 ―間々田のジャガマイタを中心に―」
15:05〜15:30 名古屋円花(東北大学)「集落の危機と希望の民族誌 ―東日本大震災後の雄勝町波板地区を事例として―」
15:35〜16:00 村上舞子(明治学院大学)「東日本大震災後の民俗芸能の変容と活性化に関する考察 ―岩手県大槌町に伝承される吉里吉里大神楽を事例に―」
16:05〜16:30 岩瀬春奈(國學院大学)「憑物伝承の分布とその分析」
B会場=206教室
13:30〜13:55 穴澤明子(東洋大学)「川崎稲毛神社例大祭における宮座式」
14:00〜14:25 鴨志田彩乃(新潟大学)「悪態祭と地域社会」
14:30〜14:55 菅原瑠璃香(新潟大学)「竹と向き合う差し手たち ―秋田竿燈まつりを事例に―」
15:05〜15:30 松山章子(筑波大学)「民話を語る現代的意義 ―複数の民話の会と語り手を事例に―」
15:35〜16:00 杉山萌依子(筑波大学)「偉人を語り合う人々 ―宮部鼎蔵と吉田松陰の顕彰活動を事例として―」
16:05〜16:30 榎木優里子(関西学院大学)「説教の消長 ―『節談説教』の発見と展開―」
16:35〜17:00 沼賀健一郎(武蔵大学)「伝説研究の意義 ―赤城山男体山神戦伝説・俵藤太百足退治伝説を例に―」
問い合わせ先:
日本民俗学会事務局
TEL: 03-5815-2265

第898回談話会(2018年5月13日)(2018年1月4日掲載)

民俗学関係修士論文発表会

日時:2018年5月13日(日)
会場:成城大学
問い合わせ先:
日本民俗学会事務局
TEL: 03-5815-2265

既に終了した談話会の開催記録はこちら