次回談話会のお知らせ

第896回談話会(2017年12月10日)(2017年11月15日掲載)

出産・育児の近現代

日時:2017年12月10日(日) 13:00〜16:00
会場:成城大学7号館2階721教室
開催趣旨:
 近世社会の事例に多く依拠した従来の産育研究の枠組では、近現代の激変する民俗的な現実を把握し分析して理解することは困難である。こうした状況に対して、新たな視点と具体的な事例を提示することで、産育研究に一定の展望と指針を与える試みとしたい。
発表者とタイトル:
宮内貴久(お茶の水女子大学)
「授乳中に子供が死亡する事故からみる授乳と添い寝」
鈴木由利子(日本民俗学会)
「多産と不妊 ―授かりものとしての子ども―」
司会・コーディネーター:飯島吉晴(日本民俗学会)
問い合わせ先:
日本民俗学会事務局
TEL: 03-5815-2265

既に終了した談話会の開催記録はこちら