各種企画展のお知らせ(2017年・会期初日順)

このページは、会員の皆さんから寄せられた、博物館・資料館等が開催する企画展・特別展のご案内です。デザイン上若干変更させていただく場合もございますが、原則として寄せられた情報をそのまま掲載しています。内容についてのお問い合わせは、それぞれの問い合わせ先に直接お願いいたします。またこのページに情報を掲載したいかたは、こちらをご覧下さい

東京湾のイカ網漁 〜浦安発祥の漁具・漁法か?!〜

浦安市郷土博物館企画展

開催期間:2017年5月20日(土)〜6月25日(日)
開催会場:浦安市郷土博物館
(JR京葉線「新浦安」駅もしくは東京メトロ東西線「浦安」駅下車)
開館時間:9:30〜17:00
休館日:毎週月曜日、館内整理日=5/31(水)
入場料:無料
企画展の内容:
 東京湾のイカ網漁は、「スミイカ」と呼ばれるイカをねらった漁法で、昭和30年代の初めまで、千葉県側の海域を中心に盛んに行われていました。3月から5月にかけて、産卵のために藻場に集まるイカの習性を利用したもので、藻草に似せた仕掛け(「作藻」または「イカ藻」と呼ぶ)をつくって海中に沈めておき、卵を産みつけるために集まったイカをその仕掛けごと網で引きあげて捕獲するという方法です。この漁法は、江戸時代の半ばに浦安の猫実村から始まったものが堀江村に伝わり、そこからさらに各漁村へ広まっていったということが、各地に残っている古文書類から明らかになりました。
 スミイカは、天ぷらや鮨など江戸前料理には欠かせない食材です。今も引き継がれている江戸の食文化が、浦安の漁師たちの知恵と工夫によって生まれた新漁法に支えられていたのだということを紹介したいと思います。
 展示構成は以下の通りです。東京湾のイカについて、歴史的・民俗的な視点から追及し、実物資料も数多く展示します。また現在まで行われている千葉県の伝統漁法「イカ籠漁」の現状報告コーナや、学芸員による漁法模型制作過程の顛末(苦心談?)など、ちょっと恥ずかしいコーナーもあり。
展示構成
1. 東京湾のイカ
2. 江戸時代 浦安から始まったイカ網漁
3. イカ網漁とは 〜浦安最後のイカ網漁師 岩瀬利夫さんの語りから〜
4. 浦安のイカ藻とイカ網
5. 盛んだった浦安のイカ漁 〜もう一つの漁法 イカ縄漁〜
6. 「イカ網漁」から「イカ籠漁」へ
7. 現在のイカ籠漁〈木更津市牛込漁業協同組合〉
8. その他のイカ漁法(1) 網漁 〜イカダマ・平曳網・流し網・刺網〜
9. その他のイカ漁法(2) 釣漁 〜一本釣り・曳釣・立縄釣り〜
国指定重要有形民俗文化財「房総半島の漁撈用具」よりイカ釣具を展示
10. 埋め立てによるイカの減少と消えゆくイカ漁法
11. 日本各地のイカ網・イカ籠漁
12. 「イカ網漁再現模型・イラスト」ができるまで
13. 学芸員のイカ籠漁体験取材報告
関連イベント:
学芸員講座・講演会(各回14:00〜16:00・事前申込制)
(1) 2017年5月21日(日)「浦安最後のイカ網漁師 岩瀬利夫さんをお招きして」
講師:当館主任学芸員 尾上一明(定員20名)
(2) 2017年6月4日(日)「古文書から読み解く、イカ網漁のはじまり」
講師:当館主任学芸員 林奈都子(定員20名)
(3) 2017年6月18日(日)「現役イカ籠漁師(木更津市牛込漁業協同組合)をお招きして」
講師:当館主任学芸員 尾上一明(定員50名)
ミュージアムトーク(学芸員による展示解説会)全3回
2017年5月28日(日)・6月11日(日)・25日(日) 14:00〜 事前申し込み不要(直接会場へ)
主催:浦安市郷土博物館
問い合わせ先:
浦安市郷土博物館
〒279-0004 浦安市猫実1-2-7
TEL: 047-305-4300
その他の情報:
関連刊行物=浦安市郷土博物館調査報告第10集『浦安の烏賊網漁』(オールカラー206ページ・1,500円)