各種研究集会のお知らせ(開催日順)

このページは、会員の皆さんから寄せられた、研究会、学会または研究・教育機関等が開催する研究集会のご案内です。デザイン上若干変更させていただく場合もございますが、原則として寄せられた情報をそのまま掲載しています。内容についてのお問い合わせは、それぞれの問い合わせ先に直接お願いいたします。またこのページに情報を掲載したいかたは、こちらをご覧下さい

第38回日本山岳修験学会 山北・丹沢学術大会(2017年10月4日掲載)

開催日時:2017年10月6日(金)〜8日(日)
開催会場:神奈川県山北町立生涯学習センター
(神奈川県足柄上郡山北町山北1301-4)
プログラム:
10月6日 研究発表会、合同会議及び役員会
10月7日 午前=研究発表会、午後=開会式、公開講演、総会、懇親会
10月8日 巡見(見学会)
公開講演(2017年10月7日(土))
12:30 開場(受付開始12:00)
12:50〜 開会式
挨拶(日本山岳修験学会会長、大会実行委員長)
13:00 公開講演
久保田昌希(駒澤大学教授)「『新編相模国風土記稿』と丹沢山麓の世界」
西海賢二(古橋懐古館館長)「旅する民間宗教者−小田原木食上人−」
久保田裕道(東京文化財研究所無形民俗文化財研究室長)「山北のお峯入りについて」
主催:日本山岳修験学会
問い合わせ先:
URL: http://www.sangakushugen.jp/38info1.pdf
日本山岳修験学会事務局(駒澤大学長谷部研究室内)
URL: http://www.sangakushugen.jp/conference.html
その他の情報:
公開講演は事前申し込み不要、参加費無料

奈良文化財研究所第9回東京講演会 (2017年10月4日掲載)

デジタル技術で魅せる文化財 ―奈文研とICT―

開催日時:2017年10月7日(土) 10:00〜16:00
開催会場:有楽町朝日ホール
(東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン11F)
プログラム:
「奈文研のデータベース」森本晋
「全国遺跡報告総覧と考古学ビッグデータ」高田祐一
「木簡データベースの高次化とMOJIZO」渡辺晃宏
「デジタルデータでみる高松塚古墳」廣瀬覚
「文化財のデジタル文化資源化:見たままの姿を伝え、深層を探る」山口欧志
「発掘された歴史的地震・火山災害痕跡データベース:考古学の新たな挑戦」村田泰輔
主催:独立行政法人国立文化財機構 奈良文化財研究所
問い合わせ先:
URL: http://www.kuba.co.jp/nabunken2017/
奈良文化財研究所 第9回東京講演会 シンポジウム事務局
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋3-11-15 UEDAビル 6F (株)クバプロ内
TEL:03-3238-1689
FAX:03-3238-1837
E-mail: nabunken2017★kuba.jp(★は@に変えて下さい)
その他の情報:
参加費:入場無料・要事前申込
その他の詳細および申込につきましてはホームページをご参照ください

第148回比較民俗研究会(2017年10月4日掲載)

開催日時:2017年10月13日(金) 16:00〜18:00
開催会場:神奈川大学横浜キャンパス9号館9-212共同研究室
発表者とタイトル:
陳祖英(北京師範大学・博士後期課程)
「20世紀中国民間伝説研究小史」
問い合わせ先:
神奈川大学大学院 歴史民俗資料学研究科 佐野賢治研究室
TEL: 045-481-5661(内線4022)
その他の情報:
発表後には大学近くのお店にて懇親会を開催します(参加自由)

北陸宗教文化学会第24回学術大会シンポジウム「白山開山1300年を迎えて―近世近代を中心に」(2017年10月4日掲載)

開催日時:2017年10月21日(土) 14:15〜17:00
開催会場:石川県西田幾多郎記念哲学館
(石川県かほく市内日角井1)
プログラム:
「白山豊原寺の子院および関係寺院」角明浩(みくに龍翔館)
「白山・立山・富士山を巡る三禅定について」福江充(北陸大学)
「白山美濃側における泰澄伝承と白山修験」由谷裕哉(小松短期大学)
「白山信仰と民俗芸能―かんこ踊の由来と伝承―」石森長博(石川県山岳協会)
主催:北陸宗教文化学会
問い合わせ先:
北陸宗教文化学会事務局
〒910-8505 福井市学園3-6-1 福井工業大学建築土木工学科 市川秀和研究室
TEL: 0776-29-2590
E-mail: hidei★fukui-ut.ac.jp(★は@に変えて下さい)
その他の情報:
事前申し込み不要。
シンポジウム前に9:20より一般発表6本あり

『旅の民俗』シリーズ出版記念フォーラム「人はなぜ旅に出るのか―旅の歴史と民俗」(2017年9月17日掲載)

開催日時:2017年10月31日(火) 13:00〜16:00(12:00開場)
開催会場:銀座ブロッサム・中央会館
(東京都中央区銀座2-15-6/東京メトロ有楽町線「新富町」駅下車、徒歩1分)
プログラム:
基調講演「宮本常一の旅学から」
神崎宣武(旅の文化研究所所長)
実演「津軽三味線ひきがたり」
高橋竹山
パネルディスカッション「旅の民俗―行商・芸能・観光」
岡村隆(作家・探検家)
亀井好恵(成城大学民俗学研究所研究員)
山本志乃(旅の文化研究所研究主幹)
コーディネーター:佐伯順子(同志社大学大学院教授)
主催:旅の文化研究所
協賛:株式会社現代書館
問い合わせ先:
旅の文化研究所
TEL: 03-5820-0360(平日9:10〜18:00)
URL: http://www.tabinobunka.com
その他の情報:
参加費:1000円
募集人員:600名(申込先着順)
郵便払込取扱票に下記の口座番号および加入者名、参加希望者の郵便番号・住所・氏名・電話番号をご記入の上、参加費をご入金ください。ご入金をもって受付とし、入金確認後に参加証を送ります。
口座番号「00900-7-288091」
加入者名「旅の文化研究所」

シンポジウム「上方で考える葬儀と墓:近現代を中心に」(2017年10月4日掲載)

開催日時:2017年11月12日(日) 13:30〜17:00
開催会場:浄土宗應典院
(大阪市天王寺区下寺町1-1-27)
開催趣旨:
 現在、少子高齢化、家族構造の変化などにより、家族葬や直葬などの葬儀の形態も変化し、また継承者を必要としない永代供養墓や墓を作らずに散骨や樹木葬等を行うなど、葬儀や墓のあり方も大きく変容している。ただし葬送墓制のありかたは地域の歴史的経緯によって相違があり、とくに大阪、京都といったいわゆる上方では、歴史的にも古く、葬送墓制に関する前近代までの研究は相当の蓄積がある一方で、上方に留意した近代以降の研究は必ずしも多いとはいえない。近現代を中心に上方の葬送墓制をあらためて見つめ直すことにより、葬送墓制研究にとっても、変わりゆく現代社会にとっても、大きな示唆を与えてくれるものと考える。
プログラム:
13:30 開会・趣旨説明
山田慎也(研究代表・国立歴史民俗博物館)
「上方の葬送研究の意義」
13:40 〈前近代〉
報告:木下光生(奈良大学)
「家の存続と葬送文化 ―貧困史と葬送史の接点―」
コメント:谷川章雄(早稲田大学)
「江戸の家の墓と都市下層民の墓」
討論
14:20 〈近代〉
報告:槇村久子(関西大学)
「近代墓制の成立と都市の発展−現代の葬送墓制の上方の”先取り”」
コメント:村上興匡(大正大学)
「近代化による葬儀変化:関東関西の相違」
コメント:問芝志保((公財)国際宗教研究所)
「近代都市札幌の墓制」
討論
15:00 〈現代〉
報告:陸奥賢(観光家)
「大阪七墓巡り復活プロジェクトの取り組みについて」
コメント:小谷みどり(第一生命経済研究所)
「現代における死後の共同性」
コメント:瓜生大輔(東京大学)
「最新テクノロジーと現代の供養」
討論
15:40 休憩
16:00
コメント:秋田光彦(浄土宗大蓮寺・應典院)
「生前個人墓〈自然〉の試行について」
16:10 フロアを交えた質疑応答
16:40 総括
森謙二(茨城キリスト教大学)
「文化的装置としての墓」
鈴木岩弓(東北大学)
「現代人の死生観」
16:50 閉会挨拶:山田慎也
(司会:土居浩/ものつくり大学)
主催:科学研究費基盤研究(B)「現代日本における死者儀礼のゆくえ−生者と死者の共同性の構築をめざして」(研究代表=山田慎也(国立歴史民俗博物館))
特別協力:浄土宗應典院
問い合わせ先:
国立歴史民俗博物館 山田慎也
E-mail: shinya★rekihaku.ac.jp(★は@に変えて下さい)
その他の情報:
参加費無料・申込不要