次回談話会のお知らせ

第916回談話会(2021年11月20日・オンライン開催)(2021年10月17日掲載)

地域博物館の「ネットワーク」

日時:2021年11月20日(土) 13:30〜17:00(※通常と異なり土曜日開催となります、ご注意ください)
会場:Zoomによるオンライン開催
※参加申し込みは、こちらのフォームから行なってください(申し込み締切=11月14日(日) 23:59)。
開催趣旨:
学会会員には所属など多様なあり方があるが、博物館の学芸員や職員も多く、さまざまな活動が行われている。今回は、特に近年の博物館活動において重視される市民や地域、他館及び他施設の協働・連携といった多様な「ネットワーク」を通じて、社会の中での博物館や民俗学の果たす役割や意義を考える。
プログラム:
大楽和正(新潟県立歴史博物館)
「海藻食『えご』食文化を守る・つなぐ・広める―博物館学芸員と越後えご保存会の取り組み―」
磯本宏紀(徳島県立博物館)
「『徳島まるづかみ』事業と地域連携―徳島県立博物館の常設展リニューアルをめぐって」
加藤幸治(武蔵野美術大学)
「ミュージアム連携と公共民俗学―ポスト震災10年・新たなハコモノ行政からの脱却―」
司会:加藤隆志(相模原市立博物館)
問い合わせ先:
日本民俗学会事務局
TEL: 03-5815-2265
E-mail: folklore★post.nifty.jp(★は@に変えて下さい)
参加申込URL: https://forms.gle/7U1TDJ8sDcoWxXy37

第917回談話会(2021年12月12日・オンライン開催)(2021年10月17日掲載)

地域からの視点 ―地域研究団体の現状と課題―

日時:2021年12月12日(日) 13:30〜17:00
会場:Zoomによるオンライン開催
※参加申し込みは、第916回談話会の参加申し込み終了後の 11月15日(月)前後から を予定しております。今しばらくお待ちください。
開催趣旨:
日本民俗学会に求められている取り組みのひとつに、地域の研究団体との交流や連携がある。今回の談話会では、特定の地域を拠点に活動している研究団体だけでなく、地域での共同調査を活動の中心に据えている研究団体も含めて地域研究団体と捉え、現在活発に活動を行っている3つの団体から、その歴史や現状、課題について報告していただく。地域研究団体が今日抱える問題点や解決策を考え共有することで、地域の民俗学活性化に資するものである。
プログラム:
森隆男(古々路(ここじ)の会)
「人々の笑顔に出会う合同調査の三日間」
田澤直人(長野県民俗の会)
「創立50周年を迎えた長野県民俗の会のこれまでとこれから」
篠崎茂雄(下野民俗研究会)
「下野民俗研究会のあゆみ ―設立、休会、そして再開―」
司会:飯島康夫(新潟大学)
問い合わせ先:
日本民俗学会事務局
TEL: 03-5815-2265
E-mail: folklore★post.nifty.jp(★は@に変えて下さい)

既に終了した談話会の開催記録はこちら