次回談話会のお知らせ

第915回談話会(2021年9月12日・オンライン開催)(2021年8月10日掲載・9月2日更新・9月8日更新=タイムテーブル掲載)

第73回年会プレシンポジウム「海が結ぶ日本と世界 ―横浜から考える越境と接触の民俗―」

日時:2021年9月12日(日) 13:30〜17:00
会場:Zoomによるオンライン開催
※Zoom会議室接続情報を 9月8日(水) 11:00前後 に配信しました。なお、参加申し込みは、9月5日(日) 24:00で既に締め切っています。
開催趣旨:
横浜が1859年に開港してから、162年経つ。半農半漁村の横浜が、外国への窓口である国際港湾都市として多くの人が集まって都市コミュニティを形成してきた。ここに住むのは、異質で多様な人びとである。現代の民俗は、人びとの移動とともに地域を越境し、国を越境して異なる人びととの文化接触を繰り返しながら民俗を生み出していく。横浜から現代における民俗の越境と接触を多面的に考える。
プログラム:
13:30-13:40 趣旨説明 小熊誠(神奈川大学)
13:45-14:15 郭立東(東京大学人文社会系研究科)
「横浜華僑婦女組織と水子地蔵像の造立をめぐって」
14:20-14:50 小熊誠(神奈川大学)
「移住するという事 ―横浜で行われる沖縄角力―」
14:50-15:00 (休憩)
15:00-15:30 根川幸男(国際日本文化研究センター)
「越境する都市祭礼―ブラジル・サンパウロ東洋街という時空から」
15:35-15:45 コメント1 曽士才(法政大学)
15:50-16:00 コメント2 阿南透(江戸川大学)
16:00-16:10 (休憩)
16:10-17:00 総合討論
問い合わせ先:
日本民俗学会事務局
TEL: 03-5815-2265
E-mail: folklore★post.nifty.jp(★は@に変えて下さい)

既に終了した談話会の開催記録はこちら