各種研究集会のお知らせ(開催日順)

このページは、会員の皆さんから寄せられた、研究会、学会または研究・教育機関等が開催する研究集会のご案内です。デザイン上若干変更させていただく場合もございますが、原則として寄せられた情報をそのまま掲載しています。内容についてのお問い合わせは、それぞれの問い合わせ先に直接お願いいたします。またこのページに情報を掲載したいかたは、こちらをご覧下さい

公開講演会「講集団から見る日本文化の変化と再生産」(2024年5月27日掲載)

開催日時:2024年6月15日(土)13:00〜17:30
開催会場:立教大学池袋キャンパス 7号館1階 7102教室
(池袋駅西口より大学正門まで徒歩約7分)
プログラム:
浅川泰宏氏(埼玉県立大学)「コロナ禍の巡礼:2020〜2023年の調査から」
乾賢太郎氏(大田区立郷土博物館)「京浜地区における海苔養殖と木曽御嶽講〜生業と信仰に関連して〜」
井上卓哉氏(静岡県富士山世界遺産センター)「新潟県妻有地域の守札(俵札)からみる信仰活動の変遷」
笠井賢紀氏(慶應義塾大学)「栗東市の街道筋集落にみる左義長と伊勢講」
コメンテーター 高木大祐氏(玉川大学)
主催:文学部史学科
共催:立教大学史学会
問い合わせ先:
立教大学学部事務1課史学科担当(03-3985-2517)
その他の情報:
事前申し込み 不要
参加費 無料

2024年度日本山岳修験学会【春のオンライン例会】(2024年6月22日掲載)

開催日時:2024年6月22日(土)13:00〜17:00
開催会場:オンライン
プログラム:
武井慎悟氏「17世紀末から18世紀初頭における秋葉信仰の動向ー邪法から正法へー」
村上晶氏「岩木山赤倉霊場の「衰退」を考える」
主催:日本山岳修験学会
問い合わせ先:
日本山岳修験学会HP
http://www.sangakushugen.jp/?fbclid=IwZXh0bgNhZW0CMTAAAR1eCX3pdT1RRtkI0J2JayBntVUziDBofe0xbsFUhYog76eoghTfVrk5Qos_aem_ASrIY64N4JWZ_3dboTH22bAu0TrDN5685xYVghwge4GUnYrhzKtqUHLAa0HEcO02TlSLCjkLYRx4NC0tgv2BNOuF
その他の情報:
●参加費 無料
●参加申込 以下のURLより6月18日(火)23:00までにお申込みください。
会員でない方の参加も可能です。
開催日の2日前までに例会参加URL等をメールにてお送りいたします。
<参加申込URL>
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSehG6JGt3PKma_au56NiWgbNul_fFb1kA2S5_PQQMPUTJ5Qtw/viewform

京都民俗学会 第362回談話会(2024年5月27日掲載)

開催日時:2024年6月25日(火)18:30-20:50
開催会場:職員会館かもがわ 2階中会議室/オンライン(zoom)
プログラム:
報告者:エリザベッタ・ポルク(ケープタウン大学)
論題:現代の京都祇園祭―「神聖」観念の流動的な境界線を巡って
主催:京都民俗学会
共催:山・鉾・屋台研究会
問い合わせ先:
mail★kyoto-minzoku.jp
E-mail: (★は@に変えて下さい)
その他の情報:
〇会員の方、山・鉾・屋台研究会の方
・対面参加、オンライン参加が可能です。オンライン参加希望の方は、6月22日(土)23:59 までにエントリーフォームから申請してください。
〇非会員の方、山・鉾・屋台研究会のメンバー以外の方
・対面参加のみ可能です。直接会場にお越し下さい。受付で参加費300円を頂戴します。参加登録は不要です。

三田社会学会 シンポジウム (2024年6月15日掲載)

儀礼空間が創る実践、実践が創る儀礼空間-テクノロジー・身体性・規範に注目して

開催日時:2024年7月6日(土)15:00〜18:00
開催会場:慶應義塾大学三田キャンパス 南館ディスタンスラーニング室(地下4階)
(JR田町駅下車 徒歩10分)
プログラム:
修験道、仏教(臨済宗)、神道、香花仏教(中国漢民族の民間仏教)を事例に、「儀礼空間」が人々の実践を駆動させ、そのことが宗教的な、あるいはそれ以外の社会的な規範を複製しつつ偶然性の中で変容させ、ひいては、儀礼空間自体を作り変えていく様を考察する。
15:00〜15:05 三尾裕子(慶應義塾大学文学部) 「趣旨説明」
15:05〜15:30 東島宗孝(国際宗教研究所宗教情報リサーチセンター) 「儀礼空間としての禅堂―実践と静寂空間の関係性」
15:30〜15:55  東野隆弘(慶應義塾大学大学院社会学研究科) 「修行を通じた儀礼空間の継続―金剛山の山伏集団に注目して」
15:55〜16:20 ケイ光大(慶應義塾大学大学院社会学研究科) 「画像と音を通じて霊と交渉する――中国広東省梅州市の香花葬儀における可視性と可聴性」
16:20〜16:45 牧田小有玲(慶應義塾大学大学院社会学研究科) 「ジェンダー的視点から見た神社における人生儀礼の維持と変容―「安産祈願」と「初宮」を事例に」
16:45〜17:00(休憩15分)
17:00〜17:15 コメント:宮本万里(慶應義塾大学商学部)
17:15〜17:30 コメント:藏本龍介(東京大学東洋文化研究所)
17:30〜18:00 ディスカッション
司会:佐川徹(慶應義塾大学文学部)
主催:三田社会学会
共催:東アジア人類学研究会、慶應義塾大学人類学研究会
問い合わせ先:
HP慶應義塾大学人類学研究会
連絡先:higashishuko★gmail.com 東島宗孝
E-mail: (★は@に変えて下さい)
その他の情報:
事前申込不要。参加費無料。対面のみ。

日本昔話学会2024年度大会(2024年5月18日掲載)

開催日時:2024年7月6日(土)、7月7日(日)
開催会場:
富山県立大学射水キャンパス N中央棟1階 大講義室
交通アクセス :最寄り駅:あいの風とやま鉄道 小杉駅
プログラム:
7/6(土) 12:30〜 受付開始
◆開会 13:00   開会の辞
 金城 朱美 (富山県立大学准教授)
◆公開講演会   13:10〜15:20
I. 川上 陽介 (富山県立大学教授)
  「漢文笑話に見える“笑いのツボ”」
II. 二本松 康宏 (静岡文化芸術大学教授)
  「大学(ゼミ、研究会など)における昔話の採録調査の実践と課題」
◆昔話横丁   15:30〜16:30
語り : 奥井 悦子、布目 恵子、安本 洋子 (とやま語りの会)
報告 : 松本 孝三 (日本昔話学会会員)
  「伝承の語りを振り返る―南加賀で出会った2人の語り手―」
◆総会 16:40〜17:20
7/7(日) 9:10〜 受付開始 
◆研究発表   9:30〜12:25
(1) 9:30〜10:00  伊藤 朝美 (川崎市立日本民家園職員)
 「新しい語りの場としての博物館―川崎市立日本民家園を事例として―」
(2)10:05〜10:35   林 立萍 (台湾大学教授)
 「固有名詞から日本昔話を考える―柳田国男氏の『日本昔話集』を例に―」
(3)B10:40〜11:10   片桐 早織 (翻訳家)
  「物語の受容と変容―多神教世界から一神教世界への置換における一考察―」
(4)11:20〜11:50   福重 一成 (日本経済大学准教授)
「エルサルバドルの昔話―先住民ピピルの昔話口承の道徳的価値に関する一考察―」
(5)11:55〜12:25   大野 寿子 (東洋大学教授)
「マックス・リューティ再考―チューリヒ大学におけるメルヒェン研究の諸相―」
◆シンポジウム  民話と薬   13:15〜16:45 
司会 : 真下 厚
・金城 朱美 (富山県立大学准教授)
 「メルヒェンにおける水について」
・竹原 新 (大阪大学教授)
 「イランの昔話のなかの薬と呪術」
・立石 展大 (高千穂大学教授)
 「日中の昔話「猿の生き肝」と薬について」
・冨樫 晃 (國學院大學大学院博士課程後期)
 「廻国宗教者長寿説話と由来薬―「八百比丘尼」、「海尊」を中心にー」
◆閉会 16:45   閉会の辞
 二本松 康宏 (静岡文化芸術大学教授)
主催:日本昔話学会
問い合わせ先:
富山県立大学工学部教養教育センター 金城朱美
E-mail : kaneshiro★pu-toyama.ac.jp
(★は@に変えて下さい)
その他の情報:
・対面のみの開催となります。
・最寄り駅を間違われないようにご注意ください。アクセスの詳細は日本昔話学会HP「最新のお知らせ」からご覧いただけます。
https://sites.google.com/site/mukashi2005/news
・日本昔話学会の非会員の方は無料で公開講演会、昔話横丁、研究発表会とシンポジウムに参加できます。お手数ですが、2024年7月3日(木)12時までに以下のリンクから参加のお申し込みをお願いいたします。
https://forms.office.com/r/Fh1E4ZEFwm
・第1日目7月6日(土)は富山駅周辺で食事会(6000円程度)を開催予定です。
・第2日目7月7日(日)昼食用のお弁当(1100円)も事前予約できます。当日お支払いください。

現代民俗学会研究会(2024年5月6日掲載)

上海―ノスタルジアの表出と文化遺産の創出―

開催日時:2024年7月14日(日)10:00-15:00
開催会場:東京大学文学部一番大教室(本郷キャンパス法文二号館3階)対面・オンラインの併用(発表、フロアとの討論には通訳がつきます)
プログラム:
■発表者
松田陽「趣旨説明」
鄭土有(復旦大学中文系)「都市における潜在的ノスタルジアの揺れ動き:『上海故事匯』の活動を中心とした考察(仮訳)」(中国語原題:「城市中潜在郷愁的激蕩――以“上海故事匯”活動為中心的考察」)
徐★麗(華東師範大学社会発展学院)「地方化と歴史化:都市の消費空間におけるノスタルジアの醸成(仮訳)」(中国語原題:「地方化和歴史化:都市消費空間中的郷愁営造」):★の字は https://ja.wiktionary.org/wiki/%E8%B4%9B
菅豊「コメント」
共催:東京大学ヒューマニティーズセンター (協働研究「アジアの都市におけるノスタルジアの表出と文化遺産の創出」)
問い合わせ先:
mail★gendaiminzoku.com(★は@に変えて下さい)
E-mail: (★は@に変えて下さい)
その他の情報:
詳細および非会員の事前登録(zoom)は下記URLをご参照ください。
https://gendaiminzoku.com/meeting.html
対面参加 https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScGiimO9kBXjx0A6gwVk9ODOD2rJtOfKPXt6o5PKeVGHQ1M-g/viewform
オンライン参加 https://u-tokyo-ac-jp.zoom.us/meeting/register/tZItdO-opj0pE92SIfIa8oi3-lbQHd_aKFQA#/registration