談話会記録-2022年 第918回〜

第918回談話会(2022年3月13日・オンライン開催)

2021年度民俗学関係卒業論文発表会

日時:2022年3月13日(日) 13:30〜16:00
会場:Zoomによるオンライン開催(3会場を設定)
プログラム:
〔A会場〕
1. 13:30-13:55 林鮎奈(筑波大学)
「神社の授与品から見る信仰の現在 ―変容する宗教に対する神職・デザイナーの企画―」
2. 14:00-14:25 廣瀨由子(筑波大学)
「心意現象と灯火郷愁 ―関東大震災、灯火管制期の文学作品を中心に―」
3. 14:30-14:55 𠮷岡琴美(別府大学)
「語り継がれる昭和の記憶 ―豊後大野市 昭和の世相人形 絹さん人形を事例に―」
4. 15:05-15:30 倉田大智(國學院大學)
「つく舞の研究」
5. 15:35-16:00 安丸瑶(京都先端科学大学)
「物部におけるいざなぎ流の現状」
〔B会場〕
1. 13:30-13:55 末谷夏津樹(東北大学)
「終活を支える人:宮城県の終活カウンセラーを事例に」
2. 14:00-14:25 後野有紗(新潟大学)
「寺院が考える墓と死者供養のあり方」
3. 14:30-14:55 大里勇貴(沖縄国際大学)
「龕の祭祀の変容 ―うるま市勝連南風原の事例を基に―」
4. 15:05-15:30 柏井麻那(関西学院大学)
「『パンダおばさん』のフォークロア ―高知における誕生と展開―」
5. 15:35-16:00 杉山沙也香(東北大学)
「骨董市の売買における不確実性:仙台古民具骨董青空市を事例に」
〔C会場〕
1. 13:30-13:55 加藤穂乃佳(新潟大学)
「集落営農と村意識」
2. 14:00-14:25 柳澤大生(成城大学)
「人を活かし、地域を作る ―宮古島市島尻地区における翻訳的適応―」
3. 14:30-14:55 山木麻椰(関西学院大学)
「世間話の伝承と家族 ―北海道熊石・小林家の事例から―」
4. 15:05-15:30 山内潤紀(弘前大学)
「弘前におけるねぷた絵師の『登場』と技の『伝承』」
5. 15:35-16:00 正月谷眞子(成城大学)
「移り変わる応援団:求められる変革と風格」

第919回談話会(2022年5月8日・オンライン開催)

2021年度民俗学関係修士論文発表会

日時:2022年5月8日(日) 13:30〜17:15
会場:Zoomによるオンライン開催(1会場を設定)
プログラム(発表30分+質疑10分):
1. 13:30-14:10 小林直輝(筑波大学大学院人文社会科学研究群)
「現代における武州御嶽信仰の変容 ―神社・職業的宗教者・崇敬者の動態に注目して―」
2. 14:15-14:55 大城沙織(筑波大学大学院人文社会科学研究群)
「現代沖縄における土帝君信仰 ―村落祭祀の記録と実践―」
発表レジュメはこちら
3. 15:00-15:40 近藤貞祐(國學院大學大学院文学研究科)
「小豆島・中山虫送りの復活にみる民俗伝承」
4. 15:50-16:30 道前美佐緒(関西学院大学大学院社会学研究科)
「婚礼の創造 ―商業主義的婚姻儀礼は『真正なる通過儀礼』になり得るか―」
発表レジュメはこちら
5. 16:35-17:15 佐々木涼成(成城大学文学研究科)
「関係論的視点からみる歴史と現在 ―ウカノミタマをめぐる知識の動態から―」

↑ 2021年談話会開催記録へ ↑